エノモト日記

【オッフ】第一回関西ブローガーオフ会!エノモト目線で振り返る

こんにちは!

皆さんは完全に誤解をしてると思う。

ブログではおちゃらけていますが、リアルの僕は

『論理的』な『ロンリー的』なんですよ!

って、さみしいこと言わせないでください!!

どうも!

僕エノモトです!

先日『第一回関西ブロガーオフ会』をしてきました!

まずはこちらを読んでみてください!

www.pororoca-egg.com

今回はこちらのポロロッカさんが書いてくれた記事で文字数を稼ぎながらエノモト視線のオムニバス形式でお送りしたいと思います。

『オムニバス形式』という使い方は合っているかはわかりませんが、ドラクエ4みたい感じをイメージして勝手に言っています。

時系列に沿ってみていきます!

25日(金)(オフ会当日)

夜中に大阪を襲う物凄い強風で、朝起きたらベランダのハンガーがすべて消失。

今思えば本日起こるであろう、オフ会での悲劇を物語っていたのかも知れません。

流石はプレミアムフライデー。私のハンガーも『flyでー!』というわけです。舐めてました。

スマホVRを鞄にいれて!っと!オッケー準備完了!今日もお仕事頑張るぜ!』

8月上旬。ポロロッカさんの呼び掛けて関西ブロガーオフ会をすることになりました!

www.pororoca-egg.com

「東京のオフ会も結構集まってたしなぁ~。どれぐらい集まるだろう?10ぐらいかな~?」 ソワソワ

結果!3人

なにそれ!?ポロロッカさんの見立てでは6人ぐらい集まるはずだったのに『しよう!しよう!詐欺』?

結局当日まで人数が増えることはなく、3人でオフ会を決行することに!もう後には戻れない・・・

『とりあえず盛り上げなくては・・・』

使命感に駆られ、私はいろいろ考える。

ポロロッカさんといえば、ハンドスピナーで記事だけで5万PV、売り上げ95万をたたき出した、いわばハンドスピナー芸人みたいなものである。

『ぼくたちは~~~ ハンドスピナ~~ 芸人です!』知らんけど。

「これは僕もハンドスピナーを2個購入するしかない!!」

25日16:00 ハンドスピナーが仕事場に届く。

あくまでネタ用に購入したため、ハンドスピナーには一ミクロンの期待もありません。

「よしっ! 取り替えず今日のオフ会の準備はできた!」

20:45

ポロロッカさんが梅田に付いたようです。

「だめだ・・・仕事が終わらない・・・どうしよう・・・」

仕事とオフ会どちらが大切なんてことは必要ありませんね!もちろんオフ会です!

仕事は大丈夫!明日僕が叱られたら済む話なんですもの!うん大丈夫!メンタルの強さには定評があるんです!

全ての仕事を投げ出して、いざ華金の街へ!

テンションは最高潮、浮足立って上手く歩けません!

こっ!これが!『華金スカイウォーカー!』

・・・

・・・

22:00 梅田に到着

「さて・・・今回の登場どうしよう・・・」

スマホVRを装着しながら、両手でハンドスピナー回してたら絶対面白い!

絶対面白いけど・・・問題は相手が2人だけでしかも初対面ということ。

あまりのインパクトに二人とも拾うことができない可能性もある。これが5~6人いれば話は違う。拾える人確率が各段に上がるだろう。

これだけインパクトのある登場を、たった二人だけのためにするのはどうなんだろうか?2回目にとっておいたほうがいいのではないか?

スライム2匹相手に『マダンテ』を使ってしまうような無駄遣いになってしまわないだろうか?

でもでもでも、このオフ会は後々記事になる→『エノモトさんは普通の人だった』なんていうレッテルでも貼られてみろ?恥ずかしくて生きていけないぞ!!

出し惜しみしている場合ではない!ここは全力で行かなければいけない!

これはもうギャンブル。

しかしまてまて!居酒屋とは聞いているがお店の構造はどうなっている?

扉入っていきなり入口が丸見えな席とかだったら、僕はお店に入る前からVRを装着しないといけない・・・

仮にそうでなかったとして、店員に案内されて「こちらのお部屋になります!」とかいっていきなり放り込まれても台無しになってしまう・・・

VR装着したら前が見えなくなるので、つけるタイミングが非常に難しい・・・ どうしよう・・・

そんなことを考えながら、新品のハンドスピナーを箱から取り出し、ハンドスピナーの回してみる・・・

うん!いい感じ。シュインシュン

22:15分
お店に到着。

お店の外から、店内をチラチラ観察し、店の間取りを把握する。

うん大丈夫!入口からは見つからない。とりあえずスマホVRを左手に握りしめる。

靴を下駄箱にいれて、店員さんに予約名を告げる。

「ちょっとまってください!店員さん!!場所だけ!場所だけ教えてもらえたら大丈夫です!!!!!!」

という言葉を用意していましたが

「ここです!」と入口に近い仕切りのある個室を指差されたので、言う必要はありませんでした。

目標との距離、およそ1メートル。

この仕切りの向こうに、ヤツらはいる。

ポケットに忍ばせていたハンドスピナーを取り出し、僕の左手で静かに回りだす。シュインシュイン。

ここで事件が起きる。

「ちょっとまって!左手でハンドスピナー回ってるのにどうやって右手のハンドスピナー回すねん!!!無理じゃない?これ無理じゃない?しまった!もうちょっと練習しとけばよかった!!!」

人は追い込まれたとき、真価を発揮するものです。

私の頭上にサガシリーズ的な電球が浮かびました!

f:id:minaraisennin:20170830153534p:plain

必殺!『両ひざガーン!』

※両手に持ったハンドスピナーを両ひざに勢いよくぶつけることで、ハンドスピナーの回転力を得ることができる必殺技である。

『よし行ける!』

第一声はどうする!?

「やってる?」

or

ハンドスピナーの試合会場はこちらでよろしかったでしょうか?」

後者のほうが面白いと思うけど、ただでさえ情報量の多い登場シーンに、さらに情報量を増やすのはどうなんだろうか?IQ140ぐらいないと処理できない!! これは『やってる?』しかない!!よしっ!いくぞ!!!

f:id:minaraisennin:20170830170523p:plain
やってる?

一瞬会場が静まりかえる・・・「やっ・・・やってしまったか・・・」

そして次の瞬間悲鳴にも似た歓声で上がる!

エ「どうも~。僕エノモトです」

エ「ポロロッカ君!シャッターチャンスやで!!」

ポ「ハイ!ちょっと待ってください!」

ポ「あっ!それは!」

エ「さすがはポロロッカさんやで~気づいてしまったな・・・ポロロッカさんの主催イベントにハンドスピナーをもっていかないわけにはいかないでしょう!」

ポ「僕も持ってきてますよ!」(片手でピ~~~ン)シュルシュル

エ「おいおい!何片手で回してくれとるねん!」

俺のさっきの両ひざガーンの努力は?

エ「とりあえず、僕のハンドスピナーの出番は終わったので、よかったらさかもとさんこれ一個上げます!」

とりあえず、ウケてよかった。こりゃ~僕の鉄板モノマネは次回持ち越しても大丈夫そうだぜ・・・

そして僕はこの登場で彼らの実力を振るいかけていたのです!

この時の反応で、相手にレベルを図ることができるのです!

レベル普通→笑う

レベルちょい高い→『ロボコップ』か!というツッコミを入れる

f:id:minaraisennin:20170830182849p:plain
出典 ecx.images-amazon.com

レベルまぁまぁー高め『シノ先生』か!というツッコミを入れる
f:id:minaraisennin:20170830183244p:plain
アニメ BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS フル動画|ネット動画配信サービスのビデオマーケット

レベルマックス 『ジャンパーソンか!』とツッコミを入れる
f:id:minaraisennin:20170830184042p:plain
https://www.videomarket.jp/title/072788

どうやら今日集まっている人の中にプロは紛れ込んでいない。繰り返す!プロは紛れ込んでいない!

さーて! 文字数にして3000字。ようやく舞台につきました!

では改めて今回のメンバーを紹介するぜぇ!!チェケラー!

まずは、若干二十歳にして、若干ハタチ~~~!!!ポロロッカさん(id:Pororo-CA)です!

www.pororoca-egg.com

ポロロッカの卵』というブログを運営されており、なかなか無茶
されることがあります。若さゆえの過ちにならないことをオジさんは小さく祈っています。

普通にイケメンです。写真映りが悪い気がしますね・・・実物はイケメンですよ!鼻が高いんだよ!鼻が!!

もうアレ! 彼女と初チューの時、鼻と鼻がぶつかっちゃって、ハニカんだパターンだと思います!

二人目はさかもとさん(id:winders-sakamoto)です!

わんだーずさかもと.comというブログを運営されています。なんと甲子園の記事だけで30万PVをだしたとか・・・

winders-sakamoto.com

なんだ・・・イケメンが二人か・・・僕入れたら3人。あと一人入れたら完全F4!!!

じゃー僕『花沢類!!』 やってみたかったんだ~ ま~~~~きの!

そんなイケメンパラダイスと化した、某居酒屋個室。改めてオフ会スタートです。

エ「まぁまぁ~まぁ~ポロロッカ君。君はハンドスピナーの記事でいくら稼いだんだね?」

オジさんそういうゲスい話がだ~~~いすき!

ポ「〇〇万円ですね~」

エ「マジで!!!売り上げは95万とブログに書いてあったけど、そんなに収入が・・・」

やるじゃねぇーか!この道明寺財閥!!!

エ「ところで坂本さん!甲子園の記事だけで30万PV稼がれたんですって?」

さ「えっ!見て頂いているんですか?」

エ「当たり前じゃないですか!」(おじさんそういうゲスい話、ま~~~きの!!!)

さ「〇〇万円ですね~」

エ「マジっすか!お小遣いにしてはちょっと多すぎますよ!」

よっ!この西門財閥!!!

さ「ポロロッカさんとエノモトさん初対面ですよね?めっちゃ仲良くないですか?」

たしかに!初めてなのに初めてじゃない感じ。10歳も離れているのに年齢差を感じさせい・・・

彼が大人びているのだろうか?それとも僕が子供っぽいのか?
おそらく前者!!!(ここツッコミポイント)

お二方とも、なかなかブログライフを楽しんでいるようです。えっ?私ですか?

私は今月15日よりペナルティらしきものを食らって、検索流入『な~~いのっ!!!』っつ~毎日ですよ!くそったれ!!!

エ「てかさ~てさか~ 最近ブログ初めて間もないのに読者200人とか300人とはザラにいません?僕そろそろ1年ですけど、まだ100ちょっとですよ!」

ポ「甘夏さん(id:amanatusauce)知ってます?」

www.amanatusauce.com

エ「あ~!あの美少女アイコンの方ですよね!すごい勢いで増えてましたよね!あの人絶対かわいいでしょ!?」

さ「???」

エ「甘夏さんって人がいましてね!アイコンがすごい可愛い美少女なんですよ~。顔だしはされてないんですけどね~もう僕らの中ではそのアイコン=甘夏さんの変換されるわけですよ!」

ポ「うんうん」

さ「確かにそれはかわいいですね~」

ここで、甘夏さんをかけて

『第一回甘夏選手権!~甘夏さんは誰の嫁?~』

という、甘夏さんの結婚相手をジャケンで決める企画をしようと思いましたが

ポロロカッカさん→学生→論外

さかもとさん→30代後半→ギリアウト

エノモト→結婚適齢期→論内

ということで、僕の不戦勝ということにしておきます!一度いってみたかったんだ~

『甘夏さんはオレの嫁』 ソースなしでも召し上がります!!

P.S 甘夏様
大変申し訳ありませんでした。このお詫びはポロロッカさんのハンドスピナーの売り上げで勘弁してください!

エ「てかさ~ てさか~ みなさん、めっちゃブログめっちゃ凝ってますよね!僕カスタマイズとかそういうの全然わからんないんですよ。ダジャレしかできないんですよ~」

さ「自分プログラミングの仕事してるんで・・・」

おいおい、どおりで強いわけだよ。プロか!プロなのか!

ポ「僕は違う言語なんですが・・・」

ハイっ!なんかレベル高そうなこと言った~~!!!言語が違うだぁ~? はぁ~ 日本語でオケだよ!JK~~

誰が僕のブログをカスタマイズしてほしい。なんだったら僕をカスタマイズしてもらってもOKです。あなた色に染めてください!

エ「ポロロッカさんこの前スマホで記事あげてましたよね」

ポ「ほぼスマホですよ!」

エ「えっ? パソコンは?」

ポ「パソコン苦手で使えないんですよ~」

エ「えっ?前のやつだけじゃなくて、これまでの記事全部スマホであげてるんですか?」

ポ「そうです!」

エ「えっ!うそやん・・・アフィリエイトとか、画像編集とかあるやん。」

ポ「スマホで全部できるんですよ~~、アフィリエイトのコードもパッパって・・・みててください パッパ!!」

やべぇー!最近の学生の指使い半端ねぇ~!!!

エ「えっ うそやん・・・いやいや~ パソコンが使えない?それはおかしいですよね!さかもとさん!」

さ「いや~ これすごいですね~。考えられないですね~」

エ「これだから最近の若いもんは!!!!パソコンいらずだと?ふざけんな!」

エ「スマホだと1画面しかないじゃないですか?だからいちいち切り替えないといけないし、効率がめっちゃ悪くならないですか?」

ポ「いや~ 大丈夫です。スマホしか使えないっす」

いやいや!普通の人はパソコンでデュアルディスプレイでセクシー動画流しながらブログ更新するもんですよね?これが悟り世代・・・ぱねぇ~っす!

彼はスマホの画面だけを見つめて作業をする一途な人間のようです。セクシー動画には目もくれず・・・人間にそんなことができるのだろうか?いやできない。

ポ「エノモトさんどうやってブログ書いてます?」

エ「そりゃ 見たままモードでそのまま」

ポ「はてな技法いいですよ!あれでやってたらいろいろわかってきますよ!」

というポロロッカさんの強い勧めで、この記事ははてな技法で描いています。たしかにちょっとプロっぽくなった感じがします。まだの人は一度お試しくださいませ!

そういった会話をしながら、僕たちの手では常にハンドスピナーが回っていた。

エ「なんか、これ 初めて使いますけど、回しちゃいますよね・・・」

さ「うんうん。回しちゃう。 しかもちょっと風が来て涼しいんですよ~」

マジで!?

この夏オススメ!扇風機の代わりにもなるハンドスピナーをお買い求めの方はこちら!↓↓↓

(今すぐゲット!)

みんながひたすらハンドスピナーを回し続けるというシュールなオフ会でした。

エ「でもほんと、二人ともPVすごいですよね!」

さ「僕もびっくりしちゃって『甲子園 予想』で見られる人があんなに多いとは」

みなさん!要チェックですよ!

来年の7月ぐらいから『甲子園 予想』の記事書いたらPVとれます!

さ「でも時期終わったので、もう終わりです。」

ポ「ピークすぎたので僕たちはもう落ちる一方です。」

一度甘い蜜を吸ってしまうと、そのギャップでの落胆は怖いですね~~ えっ?私ですか?

検索流入ほぼゼロなのでノーダメージですよ!!(笑えない)

ほかに残念なことといえばあれですね~

実際会ったら

『えっ!エノモトさんってブログではあんなだけど、実際に会ってみたらすっごく紳士的でステキ!』的なギャップを楽しんで頂けたらと思ったんですが

ポ「けっこうブログのまんまっす」

なんて血のない言葉を浴びせられたことでしょう。

エ「ほら~ 僕ってめっちゃ 『フレッシュ』やん?」

ポ「『フレッシュ』って言葉がすでにフレッシュじゃないです」

こっ こいつ この数時間で完全に僕の扱い方をマスターしてる・・・

本当に終電までしゃべる続ける楽しいオフ会でした!

ポ「すぐ2回目しましょう!楽しぎました!」

エ「そうですね!月1ぐらいでやってもいいかもしれませんね!面白すぎましたね!」

ということで
『第2回甘夏選手権!~甘夏さんは誰の嫁?~』

たぶんやると思います!みなさんぜひご参加くださいませ!

P.S 甘夏様
大変申し訳ありませんでした。このお詫びはさかもとさんの甲子園記事の売り上げで勘弁してください!